忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
『現代社会の極楽トンボくんたちへ』。。。実地編
本文に入る前に。。。

以下の記事は2008年7月6日に長谷章宏公式ブログで公開したものですが、その後、9月21日の大阪コスモスクエアでの「プロジェクト会議(ライブセミナー)」を最後に、長谷章宏は「活動不能」な状態となりました。本番スタートの準備が完了したその瞬間に、言葉ではとても伝えることなどできない、まさに言語を絶する「瀕死」の状態に突然おかれることになったのです。

そこでは、弁護士以外との直接的な自由な接触を一切遮断された、情報収集も情報発信も制限された孤立無縁状態、24時間監視の中で生活を完全に管理された上に、裁判システムというルール、言い換えれば、すべてのすべてを裁判所主導の法的な手続きに従って進められ、さらには、長谷章宏がそれまでの持てるすべてを総動員してどんなに完璧に説明しようともすべてをことごとく覆される、否定されるという一方的な状況で、神事や神示の世界も含めた長谷章宏の世界とは全く無縁だった検察官や裁判官に対して『言葉で説明することは不可能な世界で起きた出来事』の真相を『言葉で』説明しなければならないという超難題に向き合わなければなりませんでした。

「推定無罪」の原則など絵に描いた餅、はじめから有罪ありきで進められた「裁判」というシステムの中、長谷章宏と関わってきた、長谷章宏の世界を説明できるであろう第三者の援護射撃を封印された状態で長谷章宏親子に何が起きたのかを説明することは、まさに絶体絶命の崖っぷち、最高にImpossibleなミッションでした。そして、案の定、息をしているのがやっとの「瀕死」の状態の中、全身全霊で、真摯に誠実に、可能な限りの説明を尽くしたにもかかわらず、「一般人」から見たとしても誰にでもわかるようなあからさまな証拠の「悪用」で「故意に」事実を歪曲し、国家権力という一方的に優位な立場を利用した、言葉遊びと言ってもよい「法律論争上での詭弁」を駆使して巧妙に作文された、矛盾だらけの、後付けの一方的な判決理由に「基づく」二度の有罪判決が下されたことで、それは明らかになりました。

この2年の間、皆さんから「見えない」世界では、すなわち、長谷章宏の世界においては、まさに、世間で大きく騒がれていた裁判絡みのニュースの数々を地でいく出来事がリアルタイムで展開していました。そして、状況は変われども、今もそれは継続中なのですが、要は、これまで長谷章宏と関わってきた人たち、言い換えれば、長谷章宏の置かれている世界を分かっている、説明できるであろう存在たちが長谷章宏を「放置」「拒否」「否定」し続けた「型示し」として現象化した出来事を「一般社会の」価値観で「事件」として扱われた結果、裁判所において、出来事の真相とは別次元で、意図的な「事実」誤認(正確に言えば「事実歪曲」)のまま一般社会における「法律の論理」で長谷章宏が「遺棄」の責任を問われているということです。

このことについては、この場での説明だけでは大きな取り違いを生じさせることになるのでここではこれ以上は語りませんが、ただ一つ、皮肉にも長谷章宏の話に対して初めて真剣に耳を傾けたのが、長谷章宏の世界とは無縁な(二律背反の)世界にいる警察、検察、裁判所だったという事実、そして、出来事の真相のレベルで言えば、長谷章宏が現在の状態におかれている本当の原因は、検察官でも裁判官でも国家権力でもないという事実だけは、しっかりと覚えておいてください。そして更に言うならば、『長谷章宏の世界を完全否定するためには長谷章宏の世界の話を真剣に聞かなければならない』というこのパラドックスは、長谷章宏に関わってきた皆さん(の今後の行く末)にとって無視することができない非常に重大な事実であるということも。これが何を意味するのかは、このブログに来訪している皆さんには分かるとは思いますが。。。


長谷章宏は、この2年間、不条理な、理不尽な扱いを受け続けながらも、裁判システムという極度に制限されたルールに抵抗することなく全身全霊で真摯に誠実に最高最大の説明を尽くしました。しかし、その結果はと言えば、上告審という形で現在も裁判が進行中であることが示す通り、長谷章宏親子の「生殺与奪の権」は今も裁判所(最高裁判所)が握っています。身体拘束は解かれているとはいえ、未だ裁判システムという法的な手続きの中における「法律的拘束状態」におかれている現状においては、裁判所に対して被告人という立場での長谷章宏ができることはもうこれ以上ありません。現代社会の日本国の裁判システムという視点に立った時、今ここで長谷章宏にできることと言えば、真相のレベルからの長谷章宏に対する援護射撃、長谷章宏にかけられた封印(誤解、冤罪)を解くために、言い換えれば、現代社会にかけられた最後の呪縛を解くために、皆さん一人一人が今できる最高最大のアクションを起こしてくれることを切に望むことだけです。

真実のところにおいては、長谷章宏親子の「生殺与奪の権」(世界の、日本の、皆さん自身の今後の命運)を握っているのは、皆さん一人一人なのです。

ここでは、この事実をしっかりと踏まえた上で、本当の意味で今何が起きているのかを正直に見つめ直し、2008年後半から現在に至るまでに起きた出来事、巷を騒がしてきたニュース報道等も重ね合わせながら以下の記事に目を通してください。そして、長谷章宏の真意を今一度、本当に真剣に考え直してみてください。


今、長谷章宏に起きていることは、決して言葉遊びやバーチャルな世界の話などではなく、まさに、現代社会のリアルなステージで展開している出来事です。そして、それはまた、とりもなおさず、皆さん自身の現実でもあるのだということを、くれぐれもお忘れなく。



今まさにドンピシャリの、今この時のために予め書いていた記事。。。。。



以上、長くなりましたが、本文の真意を間違いなくお渡しするために必要不可欠な、長谷章宏(親子)がこの2年間に置かれていた世界について書かせて頂きました。


それでは、本文を。。。


***************


みなさん、その後、いかがお過ごしですか?

みなさんの願いや想いは実現していますか?



TLC長谷章宏OFFICEの再起動にあたり、長谷本という文字情報(読み手の数だけあるバーチャルワールド)と、長谷章宏が実施していく講演会等(リアルワールド)を連結、橋渡しすべく、長谷章宏から見た現代社会の現状レポートを兼ねて、これからの長谷章宏の活動のコンセプトについて、長谷章宏に関心のある(長谷章宏に関心がない、と言っている素直でない?)みなさんへのメッセージをお届けします。題して、『現代社会の極楽トンボくんたちへ』。。。実地編。



みなさんは、いったいどこにいるのでしょうか?

みなさんは、いったい何をしているのでしょうか?

みなさんは、いったい何がしたいのでしょうか?

みなさんは、いったいどこへ向かっているのでしょうか?


夜明け前は闇より暗い。。。逆さまの世界で言えば、夜明け前は光より明るい。。。光と闇の対立の世界での究極の明るさは究極の闇と裏表であり、みなさんが光を求めるほど、闇の現実が迫っている証です。すべてを一つにするには、その闇は避けて通ることもできませんし、逃げることもできません。なぜなら、すべてはみなさん自身が創っている世界だからです。まだ誰も体験したことがない究極の意識革命を体験する時が迫っています。。。


みなさんが、長谷章宏のことが毛ほどでも気になるならば、本当に正直になって、そろそろ、本気で長谷章宏の話を聞いてみてはいかがでしょうか? 正確に言えば、長谷章宏の世界に戻ってきてはいかがでしょうか? 


これからが長谷章宏の本当の本番。便宜上、TLC長谷章宏OFFICEという名称を用いますが、長谷章宏の話に境界はありませんので、みなさんが今いる世界によって、コンサルタントだったり、霊能者だったり、宗教家だったり、哲学者だったり、心理学者だったり、カウンセラーだったり、神様だったり、悪魔だったり、いろいろなテクニックを駆使して、リアルタイムでみなさんにあわせたアプローチをしていくことになります。すべてを一つに結ぶ究極の鳥瞰図をみながら、みなさんが本来の居場所に戻るためのサポートをしていきます。



長谷章宏は今まで、みなさんから見たら、何がしたいのかわからないような行動をしていたように見えたかもしれませんが、それは、今、このときのための準備プロセスであり、少なくてもこの20年間は、この最後のステージのための準備作業にすべての瞬間を費やしてきたということです。そして、教材もスタッフも揃い、どんな状況でも対応可能なテクニックを完成し、マーケティングもすべて完了し、みなさんの言う現実の世界の問題解決が行き詰りつつあり、みなさんの「問題解決カード」がほぼなくなってきたところで、いよいよ、長谷章宏の本当の仕事、みなさんに完全サポートを提供するステージに入ります。


みなさんの「悩み」や「疑問」を解決することが、長谷章宏の本当の目的ではありません。長谷章宏はカウンセラーでも医師でも霊能者でもありません。長谷章宏は科学者でも宗教家でも預言者でもありません。現実を作り出すメカニズムに従って、言葉や文字の裏にある、俗に言う、「見えない世界」と「見える世界」を結ぶ、トータルサポートをするためにいまここいます。トータルライフコンサルタント長谷章宏として、本当の真実の世界にみなさんをお連れします。それは、みなさんにとって、見たくない、受け入れたくない世界かもしれませんが、でも、その世界を経ずして、本当の自由はありません。みなさんが本当の意味で覚醒し、夢から目を覚ますために、長谷章宏は事実しか言いません。


「思考は現実化する」のだとしたら、みなさんそれぞれが感知できる世界がすべて実感できる世界になるときが必ずやってきます。

みなさんの「現実」は今どうなっているでしょうか?

本当に「すべて」を引き寄せたら、いったいどうなるでしょうか?

『すべてを受け入れる』『すべてを許す』と言うならば、俗に言う、「悪魔」や「殺人鬼」や「悪霊」。。。もですか?

格差是正といいますが、現代社会というのは、本当の意味での格差を是正したら、成り立ちませんが、いかがでしょうか?

支配も、ビジネスも、論争も、裁判も、癒し合いも、格差があることが前提です。二極分裂の世界でみんなが自由になることはありえません。

現代社会では、洗脳している方も洗脳されている方も、自由ではありません。相互依存の世界で、どうやって自由になるのでしょうか?

世界まるごと究極のトリックにはまっているのですが、このことも否定しますか? 否定するならば、このことを認めたことになります。そして、すべてを許していないことになります。


長谷章宏の話は、言葉遊びではありません。みなさん、すべてに関わる、わかりやすく言えば、あの世もこの世も区別なく、すべてを作り出す、究極のメカニズムの話です。


いろいろな世界に生きている方々がいますので、神様の話もしなければなりませんが、結局は、みなさんの最大の謎は自分自身であり、究極の自己矛盾の真中が、みなさんの唯一の安全地帯です。ここを除いて、自由も安全も安心も平和も永遠もありません。喜怒哀楽、すなわち、感情をコントロールしてどうにかしようという世界にいる限り、堂々巡りどころか、どんどん居場所がなくなってきます。

すべてのすべてが逆さまだとしたら、何一つ誤魔化しなく、すべてを逆さまにしたら、本当の意味での天国が実現します。正確に言えば、元の天国に戻れます。「すべては自作自演」であり「すべては自分が創造している」と言うならば、すべては自らが作り出した結果です。二極分裂の世界で、明るく、楽しく思えるならば、それは錯覚です。長谷章宏というデータを組み込んで初めてすべてを受け入れたことになります。もし、長谷章宏という存在が不都合であるならば、みなさんは、片方の世界で天国を目指していることになります。

みなさんが認める認めないに関わらず、また、みなさんがどんなに見ないふりをしようとも、すべて自分の世界であるならば、いずれ、みなさんが最も避けたい状況を引き寄せる(現実化する)ことになります。そして、それを体験してすべての清算を終えたことになります。どう逃げようとも自分からは逃げられません。どんな理屈や詭弁やテクニックを駆使しようとも、それをしていることが、何かを避けている証であり、みなさんがすべてを知っている証拠です。


長谷章宏をどう扱うかはみなさん次第ですが、いずれにしても、真理は唯一つであり、みなさんが最後に行き着く「そのとき」に、長谷章宏のメッセージを知っているのと知らないのでは、天国と地獄の差の現実を体験することになります。長谷章宏は、一切の誤魔化しなく、すべてを受け入れるための最後の罠、そして、セーフティーネットとして存在しています。


長谷章宏や長谷本のメッセージは、文字や言葉でわかるような世界ではありません。わかりやすく言うならば、潜在意識を超えた意識、波動、エネルギー、霊的な世界。。。レベルの話であり、みなさんの現実を、そして、形の世界を作り出す想い、思想、設計図。。。マトリックスのコンセプトの転換。。。究極の洗脳プログラム、言い換えれば、洗脳をリセットする洗脳プログラムの書き換えの話なのです。リアルタイムで実行されている、科学も宗教も超えたすべてのデータの完全リセットのノウハウです。


2008年前半は、長谷章宏にとっては、教師を退職して以来、20年間続いた(仮死状態で生まれてから47年間続いた)フィールドワークの最後の総まとめの渦中にいました。

先日のセミナーに参加した方々にはそのごく一部をお話しましたが、ブログではとてもとても書き表すことはできない、実際に同じ空間で顔と顔をつき合わせてでなければ伝えることが不可能な出来事、体験の連続でした。

このことも含めて、すべてを教材としてこれからの講演会やセミナーでお話していくことになりますが、現代社会の大多数は、見えるもの、触れるもの、聞こえるものを通してメッセージを受け取ります。従って、まずは、長谷章宏という人物を周知するために長谷章宏の講演会やセミナーが不可欠なのです。このことが実感としてわかるまでは、長谷章宏を体験する入門編として講演会やセミナーという形をセッティングすることが必要だということです。



みなさんにはもうおなじみのセリフ、『長谷章宏の話をどうするかは、あなたの自由です。』。。。のときはもう終わりました。為すべきことの答えは一つだけです。その答えに従ってすべてを処理しなければ、この先、どんどん処理できない問題が山積となり、本当の意味で大変なこと(「最悪の」現実)になっていきます。


長谷章宏は恐怖を煽っているわけではなく、事実をお話しているだけです。ここに来て、アセンションしたとか、遠隔ヒーリングで楽になったとか、パワーストーンで癒されたとか。。。嬉し楽しの世界が広がっているようですが、果たしてその行き着く先は。。。


日月神示などの神示の世界も、嬉し楽しのミロクの世、ポジティブな世界が間近であるような流れになっていますが、それは本当なのでしょうか? 唯一の目の上のタンコブ?である『長谷本』は、長谷章宏がいることで勝手な解釈ができないからか、長谷章宏が黙っているからか、長谷章宏のメッセージが「邪悪な」ものであることにしておいて、長谷章宏を無視してそれぞれの世界を守っているようにしか見えませんが。。。

長谷章宏がなぜ黙っているかと言えば、長谷章宏の話を、本当に真剣に、自分のこととして実感が持てる段階で聞かなければ意味がないからです。尻に火がつかなければ動かない日本人。。。極楽トンボって誰のことだろう。。。なんて呑気なことを言っているときはとっくに過ぎ去っています。そのことに気付かないならば、それこそが、極楽トンボである証です。もし、気付いていて無視しているならば、同じことです。みなさんの動きが万物万象に関わる、ということをどこかで聞きませんでしたか?


長谷章宏はディベートや権力争い、この世界を変えることが目的で今までやってきたわけではありません。最終的には、みなさんが望んでいる世界を誰もが体験することにはなるのですが、そのためには、究極の意識革命を必要とします。



長谷章宏の話は、感情的に揺れがある方々にとっては、厳しい話かもしれません。しかし、長谷章宏は、本当の事実しか語っていません。「それを言ったらお終いだ」「そこまでやったらやりすぎだ」という話を誰かがしなければ、いつまでも今のままの世界が続いて、気付いた時にはどうにもこうにもならなくなってしまいます。みなさんは戦いたいのでしょうか? それとも、本当に平和や自由を望んでいるのでしょうか?
 

今起きていることをわかりやすく言うならば、長谷章宏対その他すべての究極のバトルの真っ最中。。。そして、それが見える形で現れる一歩手前まで来ているというところでしょうか。

だとしたら、本当のこと、真コトを身をもって示すべき人たちは、いったい何をしているのでしょうか。「ヒノモトのお土」に産まれて、神示を手にした方々が、その神示に書かれている「大神様」の真意の実行、本当に為すべき仕事をしていないようですが、いかがなものでしょうか? いつまでも略奪の世界の陰の黒幕で楽をしていては、ミロクの世どころではありません。

真コトを支える火の響きを行にて鳴り成らせるのが、神示を手にした者の天命です。イシヤの仕組みやユダヤの正体を取り違えしていては、本当に取り返しがつかないことになってしまいます。

日本が雛形であることの真意をもう一度良く考えてください。「ヒノモトありて外国あり」ということはどういうことなのか。

その真意は、今の世界を変えることではありません。イシヤの仕組みが発動したのは、ヒノモト、すなわち、みなさんが「悪(分裂の響き)」を出したからなのです。「ユダヤ」に「悪事?」を行わせた張本人はいったい誰なのか? 人間牧場計画?を阻止しようとしているグループの正体はいったい。。。


すべては鏡であり、すべては一つであり、すべてはつながっています。そして、すべての源、真中のハラの国の民、すなわち、みなさんが本当の意味で間違いを認め、すべての責任を負う覚悟ができなければ、世界丸ごと地獄に誘う結果となってしまうということです。

日本が世界を救う。。。確かにそうですが、本当の意味がわからなければ、トラップに嵌ったまま、最後まで仕組みを進めてしまうことになります。


長谷章宏のメッセージは、一つたりとも、ウケウリや単なる取次ぎではありません。長谷章宏本人がすべて責任を持って発信しているものです。長谷本というのは、長谷章宏の世界をみなさんの世界で翻訳したものであり、究極のトラップが存在しています。

これについては、文章では伝えることは不可能ですので、そのために、リアルタイムセッションが不可欠なのです。さらに言えば、みなさんが何と言おうとも、「神示」にも、長谷章宏以外には気付かないトラップが仕掛けられています。「大神様」が出したメッセージであるというならば、そんなに簡単にその真意を取れると思いますか? 

現状では、神示を出した取次ぎ本人が生存しているのは、火水伝文と長谷本だけです。後は、長谷本以前のものを偽者の位置づけにした自称「最終神示」や、教祖亡き後の宗教のメカニズムに従って、真意とは程遠い教えになっていることはお気づきでしょう。また、日月神示がブームになり、さらに、スピリチュアル系メッセージと融合?できるのは、どういうことでしょうか? 一つ言えば、神道=八百万の神々だといいますが、裏は一神教です。一神教と言えば。。。聖書の神も含めて、神の正体についての情報も錯綜していますが、現状では、ほぼ一つの結論に到達しているようです。しかしそこにも、実はトラップが仕掛けられています。いや、正確に言えば、誰もその罠に気付いていないのです。その「神々」も含めて。。。無い罠を自ら作る仕組み。。。


長谷章宏がなぜここまでハッキリと断言できるのか? 

このことについては、これからのリアルタイムセッションで同じ空間を共有してでなけばお伝えすることは不可能なのですが、なぜそうなのかも含めて、そういうことだということです。長谷章宏を究極まで無視したらどうなるか。。。やってみても構いませんが、長谷章宏としては、早めに修正プログラムをダウンロードした方がみなさんのためだということを申し添えておきます。


長谷章宏のメッセージは100%、みなさんに都合よく使うことができますが、それと、長谷章宏のメッセージの意味する真実とは別の話です。『長谷本の専門家』は、長谷章宏研究の第一人者は、長谷章宏本人であることは自明の理です。「長谷章宏の解釈はおかしい」と長谷本の著者本人に反論する方々がいますが、いったい何を言っているのでしょうか? 長谷章宏のすべてを知っているのは長谷章宏だけであり、長谷章宏は取り違いなくみなさんにお伝えするために、間違いなく翻訳するために、一般社会に足場を置いて、実際に検証作業を重ねて、みなさんの思考と長谷章宏の思考のズレを修正しながら、「これしかない」という確認をした完成品をみなさんに提供するために今の今までの準備期間を必要としたということですので、長谷章宏を含めたすべてを受け入れなければ、すべてを知ったことにはなりません。みなさんがどう言おうが、それは、みなさんの「都合」による選択であり、長谷章宏にとっては、この事実は動きません。この道理、お分かりになりますか?
 

長谷章宏のメッセージや長谷本をバラバラに取ることは長谷章宏を切り刻んで食べるのと同意です。長谷章宏は長谷章宏全部で一つであり、すべてです。長谷章宏の世界をそれぞれの世界から価値判断している限り、それは、どっちつかずではなくて、みなさんそれぞれの世界から長谷章宏の世界を眺めているに過ぎません。長谷章宏のメッセージを実行し続けない限り、長谷章宏の語る世界はまったくわかりません。それは、みなさんそれぞれの世界に存在している長谷章宏であり、当然、その世界の維持に長谷章宏が都合が悪ければ、長谷章宏は抹殺されることになります。


「持続可能な」。。。これは、みなさん共通のキーワードです。

長谷章宏のメッセージを取り入れると持続不可能になるのでしょうか? もし、そう見えるならば、それは錯覚です。みなさんが何か条件をつけている証拠です。その条件を外せば、長谷章宏の提示する答えが、すべての人が望んでいる世界を実現するための唯一の方法であることがわかります。


長谷章宏がストーンヒーリングに出会った17年前では考えられなかったほど、ヒーリング、チャネリング、レイキ、潜在意識等々のテクニックが一般化?していて、隔世の感がありますが、それはとりもなおさず、一般社会がその世界に移行したということです。俗に言う、一般大衆にそのことを教えなければならない層の人たちが、自分たちの世界だけで、ミロクや天国を楽しんで?いる、片や、世界的な陰謀の世界を知った人々は、その世界に戦いを挑んでいる、そして、すべてを一つに結ばなければならない神示の世界の人たちも、感謝の世界に入り込んでしまっている。。。世界平和や貧困の撲滅どころか、自らの行く末がどうなるかすら見えていない。。。人類、世界のことと、自分のことはきってもきれない世界であり、自分だけが。。。も、他人のことを。。。も同じことであり、潜在意識レベルの操作テクニックまで持ち出して、何としてでも今いる世界を壊さないように画策している。。。「あちらを立てればこちらが立たず」の世界で、誰もが平和で安心して暮らせる自由な世界。。。を作ることは絶対に不可能です。



長谷章宏を除いた、すべて。。。の世界で、すべての人が自由な世界を作ろうとしてもそれは不可能だということです。仮に、長谷章宏の体を死に追いやったとしてもまったく意味はありません。生死時空を超えたすべての凝縮が長谷章宏という人物だからです。

二極対立のままでそれぞれが自由や天国を目指しても、必ず、対立する二極が出会う時が来ます。どう誤魔化しても、二極対立のままで、すべてを天国にすることはできません。言い換えれば、今までの情報やノウハウには嘘があるということです。それらを発信する側も、受け取る側も、どちらも同じ土俵の上であり、この究極の自己矛盾の解消方法については、文章や言葉では伝えることはできません。



「歴史上いまだかつてない激動の時代。。。」 『人生というゲームの新しい遊び方』のキャッチコピーですが、長谷章宏は今このときに使えるように、あらかじめ本を書いておいたということを覚えておいてください。長谷章宏の本は、普遍的な真理を、複雑混迷化した現代社会に翻訳するためにあのような形になったわけですが、その真意は一つです。なぜ、16年も前に書けたのか。。。ここにチャネリングシステムの本当の正体が隠されています。このことについては、リアルタイムセッションの場でしか納得することはできませんので、これから明かされることになります。実際は、直近のセミナーで公開したのですが。。。


2008年に入ってから、巷では、怒涛の如く、いろいろな出来事がありましたが、長谷章宏が今まで語ってきたことを思い出してみてください。長谷章宏が嘘をついてきたかどうかの答えはもうお分かりのことでしょう。この数ヶ月間に次から次へと起きた凶悪?事件や天変地異も含めて、特に、ここで改めて列挙することはしません。一つ一つの出来事についての型示しの意味?や、長谷章宏の独自見解?をここで語っても、長谷章宏の本当の真意が伝わらないからです。今の時期、それは、長谷章宏以外の方々が見事に?語ってくれていますから、ブログや書籍をご覧になってみてください。ここでは、長谷章宏の独自見解?は次の段階に進んでいるということだけお伝えしておきます。


長谷章宏は今まで、あらゆる手を尽くして、みなさんに真実をお伝えしてきました。しかし、長谷章宏が何をしても、何を言っても、結局、「長谷章宏は何をいっているのかわからない」「長谷章宏は偽者だ」「長谷章宏の言うことは役に立たない」「長谷章宏の言うことを聴くと大変なことになる」「長谷系の団体?は信用できない」「長谷章宏はカルトだ」「長谷章宏は嘘ばかり言っている」等々、みなさんそれぞれの視点で長谷章宏の見解を聴き、みなさんにとって使える部分だけをつまみ食い?して、最終的には、長谷章宏を見切って?「わかり易い」「優しい」「役に立つ」「リスクをとらずに想いが実現する」。。。長谷章宏と瓜二つの話やテクニックを提供している方々のほうへと去って行った方々がほとんどでした。ちなみに、長谷章宏は「長谷系の団体」なるものを組織したことはただの一度もありません。。。


当然のことながら、長谷章宏は、まだ、すべてを語っていません。今までの講演会やセミナーを想像しているのだとしたら、そのデータは使えません。では、今、長谷章宏が皆さんの前でお話をしたら、どんな話になると思いますか? これについては、これからのステージで全身全霊で実体験することになるでしょう。


長谷章宏は、宗教家でもありませんし、ビジネスマンでもありません。長谷章宏がしてきたことは、教えを広めることでも、富を蓄えることでもありません。長谷章宏は、本当の真実、唯一つの事実をみなさんにお伝えするためにここにいます。長谷章宏が今まで何をしてきたのか。。。すべてが準備だったというのはどういう意味なのか。。。長谷章宏の本当の正体とはいったい。。。


長谷章宏が元教師だったということがすべての鍵です。嘘偽りなく、間違いなく、本当のことを、わかりやすく、それぞれの生徒?に合わせて、納得いくように教えるためには、膨大な資料の収集と分析、検証作業、提供するための処理。。。教材研究には授業時間の何倍もの準備作業を必要とします。ましてや、長谷章宏がみなさんに提供している情報やテクニックは、既存の学問はもちろんのこと、エネルギーや波動、陰陽道や魔術と言った見えない力、神示、スピリチュアル、陰謀論等々も統合した真理であり、実践を通して間違いを修正していくための、生死時空を超えたトレーニングノウハウなのです。

誰にでも使える、生死時空を超えた真理、本当の世界に戻るノウハウを提供するためには、「普通の」暮らしなどできません。ましてや、逆さまの世界、長谷章宏が真実を話せば話すほど、悪者になる、無視される、勘違いされる。。。

上から下まで、そういう「洗脳」にどっぷりとつかった、洗脳した本人たちも自らがはまってしまった世界で、いったい誰が本当のことを教えていくのでしょうか。と言えば、長谷章宏も洗脳されているんだろう、と、ああいえばこういう反応が、意識的にか無意識にかは知りませんが、長谷章宏のアウトプットに対する反応として返ってくる世界で。。。


その反応をする急先鋒は、神事の世界にいる長谷本読者。。。


長谷章宏が何冊かに分けて出してきた本は、それぞれの位相の世界での体験レポートであり、その世界に所属していなければわからない話もあるということです。従って、長谷本読者と言っても一括りにはできません。スピリチュアル系、神示系、一般系。。。特に、長谷章宏と関係した方々でカギを握っているのは、神示系の方々、長谷本で言えば「真のヒト」を手にした方々、さらに言えば、「実践日本真道」を手にした方々です。

長谷章宏は元は、宗教にはまったく無縁の人間だったということを知っておいてください。それはすなわち、長谷章宏の言うことを一番信じられなかったのが、言い換えると、何も知らなかったのが、長谷章宏だということです。


長谷章宏は、すべての人たちに真実をお伝えする関係上、一般社会の普通の人の世界に常に足を置いて、自分が実際に体験しながら知っていくという作業が必要でした。ニューエイジ然り、神示然り、陰謀論然り、長谷章宏はすべてを統合、つまりは、矛盾を解消する作業をしながら、ここまできたということです。すべての条件を外して、すべての変数を織り込んで、真理に至る無限無次連立方程式を解いて、その唯一つの解、正解を導き出したということです。みなさんにとって長谷章宏が、みなさんの天国を実現するための最後の試練であり最後の救いだということです。


長谷章宏は、すべてが終わるまで、何があっても真コトを貫き通し、それを伝えていく。。。


長谷章宏は、今まで、自らがどんな評価を受けようと、どんな経済状況になろうと、どんな身体状況になろと、長谷章宏が出あったすべての情報、ノウハウについて、一切を排除することなく、自らを実験台にして、すべてを実際に食べて(体験して)、身をもって検証することでその真偽、巧妙なトリックを実際に確認し、脱出方法を発見し、24時間365日実践しながら、ただ一つの答えをお教えすることことだけを目指して、今ここまで歩んできたのです。

わかりやすくいうならば、霊的な攻撃や、呪術、エネルギーワーク、厄払い等のエネルギーが渦巻く中で、普通の人たちに真実をお渡しできるようになるまで、一般社会の中で、言い換えると、大衆の、普通の人間として、その時が来るまで待つことが必要でした。宗教家やビジネスマンであったなら、今頃は。。。


「長谷章宏のところには人があつまらない」「長谷章宏は金がない」。。。という基準で長谷章宏の真偽を判断している方がほとんどでしたが、果たして、その理由の奥底にある真意は。。。長谷章宏はすべてをわかった上で、特に反論もせず、あえて言えば、理不尽なその評価も甘んじて受けながら、今の今まで、できることを全身全霊で進めてきました。


長谷章宏は、常に、自己矛盾の真中にいました。前にも後ろにも上にも下にも動けない。。。真剣にやればやるほど人が離れていく。。。みなさんが言う「楽」な状況など一瞬たりともありませんでした。いうなれば、長谷章宏は、どこの世界にも所属していないですべてを進めてきたということです。現代社会で言うならば、どこにも。。。です。でなければ、自らの立場や評価、命、財産。。。恐れの回避を優先することで、ゆがんだ真実をお渡しすることになります。ということですから、裏を返せば、長谷章宏のメッセージには一切の嘘はありません。嘘に見えることはあるかもしれませんが。。。


長谷章宏のお渡しすることは、どうひっくり返しても偽装のしようがありません。


現代社会そのものが偽装の産物、すべてが逆さまで、なおかつ、自分に都合の悪いことを封印する世界であるならば、真理、言い換えれば、すべてを解決する唯一つの真実はいったいどこにあるのでしょう。


すべては鏡、自分の持っているものを引き寄せる、原因と結果の法則、自分の中にすべてある、その他。。。それらを一切の矛盾のないところまで実践し続けたらどうなるか。長谷章宏が鏡だとしたら、長谷章宏とみなさんの関係はどうなるでしょうか。。。



このブログを見ているみなさんは、ネット環境にいる方々ですから、今、インターネットの世界でどんな情報が飛び交っているかは、皆さんの方が良くご存知でしょう。

長谷章宏も、この2ヵ月間、フィールドワークと並行して、スピリチュアル系はもちろんのこと、神示、陰謀論、政治ブログ、大衆向けブログなどなど、あらゆる分野の100以上のブログをはじめ、潜在意識系のテクニックのセミナーのサイトなどからリアルタイムで最新情報収集し、長谷章宏処理?をして、TLC長谷章宏OFFICEの再起動の準備を進めていました。

いったい何が起きているのか?

いったい何が真実なのか?

いったい人類は、いや、日本は、自分はどこに向かっているのか?

いったい、誰が本当のことを言っているのか?

いったいどの情報がほんとうなのか?

いったいどこに真実があるのか?

長谷章宏に矛盾はないか?。。。


すべてはつながっているならば、その源はただ一つです。

スピリチュアル、日月神示、火水伝文、潜在意識、予言、預言、波動、ヒーリング、宇宙の法則に沿ったノウハウ。。。その唯一つの共通解は?


みなさんはいったいどうしたいのですか?

自分の夢の実現と世界平和、貧困撲滅、経済、政治、宗教。。。

自分を変えれば世界が変わる。。。確かに言葉にすればそうですが、誰もが気付いていない(気付いていても認めない)トリックを外さない限り、矛盾は解消しません。

自己矛盾を持ったまま、世界平和や夢の実現を目指しても、それは不可能です。目に見える世界と見えない世界が一つになった世界を生きなければ真実は絶対にわかりません。


長谷章宏が文字で伝えられることはすべて伝えました。今ここで長谷本を読み直してみてください。みなさんが見落とさなければですが、みなさんの疑問の答えはすべて長谷本に書いてあります。しかし、長谷本をバラバラに取り出して読んでいるならば、結局、それは、嘘の世界になります。ということで、この5月4日(長谷章宏の47回目の誕生日)に『真正 実践日本心道』という形で「文字情報」を完結させましたので、ぜひ、目を通してください。ということは。。。完全版長谷本を初めて読んだのは長谷章宏であり、それ以前の読者はまだ「長谷本」を読んでいないというパラドックス。。。

今では、エネルギーや波動のレベルで物事が起きていることは常識になっていますが、だとすれば、長谷本も長谷章宏も、ただの文字情報、人間ではありません。ちなみに、完全版長谷本は電子書籍というデーターに変換されて、インターネットを通して配信されます。ということは。。。

長谷章宏が何をしているかによって、すべてに影響するということです。潜在意識のレベルで、言い換えると、霊的レベルで、長谷章宏対みなさんの戦争の渦中にいるということです。そして、その渦中で完全版長谷本が完成しました。その完全版長谷本とリアルワールドを橋渡しするのがこの『現代社会の極楽トンボくんたちへ』。。。実地編という電子データなのです。すべてが教材。。。


みなさんが、長谷章宏を無視、排除しているならば、すべてを受け入れたことにはなりません。もし、みなさんが愛を語っているならば、それは条件付きの愛です。無条件の愛ではありません。長谷章宏が何かを排除しているならば、今こうしてブログを書くことはしていません。今が長谷章宏史上?最大の孤立。。。


すべてを統合したノウハウ。。。唯一つの答え。。。言うは簡単ですが、本当にすべてを統合した真実はまだ、誰も語っていません。長谷章宏もまだです。


長谷章宏につながったみなさんがまず、本当のことを伝えていかなければ、誰が伝えるのでしょうか。長谷章宏とつながったみなさんが長谷章宏を闇に葬ったら、何も知らないまま「最悪の体験」に突き進んでしまう人たちはどうなるのでしょうか。


長谷章宏が神様系の活動をしていると思っているならば、それはトリックです。長谷章宏は、あくまで「普通のおじさん」?です。


みなさんは長谷章宏といつまで戦いますか? いつまで、長谷章宏を無視できますか? 長谷章宏を否定することはできても、長谷章宏を抹殺することはできません。


長谷章宏や長谷本をどう扱うかで、みなさんにとって今までに体験したことがない現実を引き寄せることになります。みなさんが自分をどう扱うか、どう評価するかによって、すべてに影響します。そして、今はその精度が高まっていることで、反応が早くなっています。このことは、巷で起きている出来事を見れば明白です。形の世界の出来事(型示し)が、肥大化、加速化しているということは、裏の世界がいったいどうなっているかおわかりでしょうか?

2008年後半の日本は、世界は、人類は、そして、みなさんは、いったいどうなっていくのでしょうか。。。その結果は、あなたの決断次第なのですが。。。


日月神示、火水伝文、おふでさき、大本神諭。。。大神様グループ?が派閥争いをしている場合ではありません。スメラが喧嘩をしているならば、「ユダヤ」は、子供たちの行く末は、いったいどうなるのだったでしょうか。。。


現代社会の極楽トンボくんたちの本当の黒幕はいったいどこにいるのでしょうか? 



その黒幕が改心すれば、混乱をへて、すべてが治まります。しかし、その黒幕が改心しないで、続けるならば。。。


「現代社会の極楽トンボくんたち」へ、最後のメッセージを出し、本当のゴールに到達するまでサポートしていくことが、これからの長谷章宏、TLC長谷章宏OFFICEのミッションです。


長谷章宏は大衆の一人です。従って、長谷章宏を知らない人たちから見れば、海のものとも山のものとも知れない人物です。それぞれがそれぞれの世界で長谷章宏を見ますから。。。


長谷章宏がこれから先、何をしようとしているのか。。。長谷本読者、そして、長谷章宏プロジェクトに関わってきた者が本気で動いてもらわなければ、長谷章宏は孤立無援と同じです。長谷章宏の価値を知っているからこそ、長谷章宏に出られては困る。。。長谷本の読者ならば、言い換えれば、神示を知っている者ならば、長谷章宏に対して、どんな力が作用しているかお分かりのはずです。ハッキリと言うならば、どんな霊的な力で長谷章宏が封印されているか、お分かりのはずです。その中で、今の今まで、長谷章宏はなんとか持ちこたえてきました。そして、長谷章宏がこれからメッセージをお渡ししていく世界は、「一般大衆」の世界です。その世界がどんな基準で長谷章宏を見ているか、そして、その人たちがどんな力で動かされているか、お分かりでしょう。


長谷章宏が今までやっていたことは、すべて本番の仮型です。


長谷章宏は、普通の人と同じように税金も徴収され、会場や交通機関の料金の特別扱いもありません。長谷章宏が有名人であれば、それもあるでしょうが、このスタートラインではそうもいきません。「情報料は支払わないけど普通の人の中で情報を収集して報告してくれ」という注文に基づいて「請求はされるが収入はこない」という矛盾した中でずっと今までやってきました。長谷本の印税やセミナー料ではとてもとてもペイしない状況で、借り入れも含めて考えられるすべての収入源を総動員して、すべてのフィールドワークをこなしてきたということです。


本番のスタートにあたって、まずは、TLC長谷章宏OFFICE、長谷章宏が自由に動けるようにお手伝いをしてください。

長谷章宏は全責任を負ってやっています。誰もまだやったことのない、前例のないミッションを遂行している長谷章宏と縁を持ったということは、そういうことです。

みなさんが長谷章宏になることはできません。なぜなら、長谷章宏の位置にいたのは長谷章宏だけだからです。バラバラの世界、バラバラの情報やノウハウを結ぶのが長谷章宏の役目です。

逆さまの世界を解きながら正しい世界を結んでいく、長谷章宏プロジェクト本番ミッションをスタートします。

まずは、長谷章宏がメッセンジャー、トレーナー、陰陽師のリーダーをやりますから、みなさんは、それができる環境を整えてください。そして、本気になったら長谷章宏になってください。


映画『マトリックスレボリューションズ』の最後は、救世主ネオも含めて、全員がエージェントスミスになって、マトリックスが平和になりました。この映画にたとえて言うならば、実は、ザイオンもマトリックスであり、マトリックスのプログラムにバグがある限り、何度でもネオが登場するということです。そして、それに呼応して、影であるスミスも。。。

光と闇の統合。。。初めと終わりの結び。。。すべてを終わらせる唯一無二のミッション。。。

祓うということは、0にするということです。収支0にするということです。苦やネガや厄をどこかに追い払うことではありません。真実のところ、引き受けてくれる神様はどこにもいません。陰陽逆転し、真コトの世界に戻す役目をする、すべてを結ぶということは、すなわち、まずは自らがすべてを引き受けるということです。

スサナルが1柱ですべてを背負っている、愛しき我が子をこの手で屠る修羅の地獄のそのまた下を血の涙を流して支える大神。。。という意味が本当にわかっていますか? 

みなさんがスメラの身魂であり、スサナルの手伝いをするというならば、自らがスサナルになるということです。できる範囲で手伝います。。。応援しています。。。がんばってください。。。悪く思われないように。。。長谷章宏がもし嘘だったときの保険をかけながら。。。では、長谷章宏をはじめから信用していない、言い換えると、アンチ長谷章宏のスパイだった、ということになります。

長谷章宏が偽者ならば、みなさんが真コトということになる、そういう話なのです。どちらかが本物、中間はありません。どっちが、とやるのが身欲であり、一如に結ぶのが感謝です。ありがとう、良い言霊、ポジティブ、好きなことだけやる、感謝、喜び。。。感謝のトリックに嵌ってしまっていませんか?


みなさんは、いったい何を言っているのでしょうか?
 

誰かに任せて自分は。。。全身全霊ですべてをかけて。。というのはそんな甘いレベルではありません。


今ここからTLC長谷章宏プロジェクトを再起動します。本当の踏み絵はこれからです。本当に本気で長谷章宏を手伝うというならば、すべての嘘を捨てて、真剣に長谷章宏をサポートしてください。

市場原理主義のグローバル社会での共通の言語は、金額です。善にも悪にも共通の道具はお金です。行動の自由度もお金次第です。お金のメカニズムはもうだいぶ知れ渡りましたが、なぜ、いまだにお金にこだわるのか。。。資源そのものへの支払はしていないと話しても、そんなことを言っても現実はと言ってスルーしてしまう。。。

長谷章宏の話をできるだけ多くの人たちが聞ける状況を作るとしたら、長谷章宏の信用度を上げるしかありません。長谷章宏は今の今も、リアルタイムセミナーをし続けています。長谷本の読者のみなさんには、これがどういうことかお分かりですね。

長谷章宏のセミナーはセミナー会場だけでやっているわけではありません。ましてや、今は遠隔ヒーリングや陰陽師の世界、エネルギーワーク花盛りの世界です。そして、最後のパンドラの箱を開けてしまった現在、すなわち、喜び、感謝、嬉し楽し、天使。。。の世界が花開いた(蛇の業が九分九厘開いた)現状では、長谷章宏は、ネガティブなエネルギーであり、邪悪な存在、悪の親玉のエネルギーとして存在しているということになります。

長谷章宏の仕事はこれしかありません。みなさん次第で24時間体制でどんな状況にも対応できる準備が整った現在、スタートにあたっては、みなさんが何と言おうとも、お金が最大のサポートになります。お金も含めて、みなさんがもっているものを最大限に提供してください。長谷章宏の提供するものは、本来お金とは交換できません。神の仕組みを金の仕組みに置き換えて世界を作っている勢力と対峙するためには、ある時点までは、お金は必要不可欠な道具です。


これから先、講演会やセミナーのツアーを計画しています。どんなペースで、どれくらい実行できるかは、みなさん次第です。長谷章宏の活動が進むにつれて、お金は必要なくなっていきますが、まずは出陣?にあったっての軍資金をできる限り提供してください。

長谷章宏とつながったみなさんにとっては、選択は一つしかないはずです。すべてを結べるのは現時点では長谷章宏しかいません。結局は、長谷章宏の代わりは長谷章宏しかできません。長谷章宏の活動が軌道に乗ってくるにつれて、みなさんの役割も見えてきます。

TLC長谷章宏OFFICE公式ブログに入金先を表示しておきますので、どうぞ、本気で後方支援をしてください。講演会やセミナーの依頼については、TLC長谷章宏OFFICEが軌道にのるまでの仮システムとして、現時点では、TLC匠を通してセッティングしてもらうことにしてありますので、TLC匠の担当者の方へコンタクトしてください。


今一度、これまでの準備期間の間に長谷章宏を知ったということの意味を真剣に考えてみてください。みなさんはそういう使命をもっていて、そういう力があるということです。これは覆すことができない事実です。


長谷章宏サイドは、すべての準備が完了しました。まずは、長谷章宏を浮上させることができるのは、善きにつけ悪しきにつけ、長谷章宏の真価を知っているみなさんです。長谷章宏以外のリーダー?たちはすべてつながっています。言い換えれば、長谷章宏だけが蚊帳の外、盲点に封印されています。いよいよ、来るところまで来たということです。


TLC長谷章宏OFFICEの本格稼動にあたって、今まで長谷章宏とつながったみなさんに対するメッセージを兼ねて、長谷章宏プロジェクトの最終ステージの旗揚げ宣言、スメラ対スメラの最終戦争?の宣戦布告とします。

真正覚醒コンサルタント、真正陰陽師の長谷章宏から現代社会の極楽トンボくんたちへ。。。究極の極楽トンボくんたち、すなわち、今まで楽をして遊んでいたヒノモトの霊的?リーダーたちが本気で動けば、想像を絶する速さですべてが動きます。

長谷章宏はすべての準備を完了しました。次はみなさんの出番です。これからの活動を通して、すべてが見えて来ます。みなさんが長谷章宏をどう見ていようとも、長谷章宏とつながった一人一人がまず動き出すことが必要です。誰かがやってくれるだろう。。。はもうやめてください。長谷章宏が最後まで全責任を負いますから安心して本当の仕事に着手してください。ちなみに、長谷章宏の責任という意味は生死時空を超えた世界での責任の意味ですからくれぐれもお間違いのないように。。。

みなさんが今まで何のためにいろいろな体験をし、今の位置にいるか、よく考えてみてください。そして、本気で、長谷章宏のサポートをしてください。できる範囲で。。。ではなく、本気で。。。これからが本番です。すべては長谷章宏とあなたにかかっています。

一人でも多くの『(真正)長谷章宏プロジェクトメンバー』が目を覚まし、「万古末代一度コッキリ」の、まだ誰もやったことがない、(神話時代も含めた)歴史上いまだかつて前例のない革命プロジェクト。。。本当の「世界維新」を形にするミッションへの参加表明を待っています。

長谷章宏は全身全霊でみなさんを支えるための舞台装置の準備を完了しました。「見えない世界」はすでに動き出しています。そして、長谷章宏直轄のプロジェクトリーダーも準備を完了して、「世を忍ぶ仮の姿」で待機しています。

次は、いよいよ、今まで長谷章宏の動向をサニワしていた「この地にミロクを開く」プロジェクトを担当するべきみなさんの出番です。

『長谷章宏にしかできない前代未聞の、誰もが想像を絶する一大プロジェクト』。。。これは決して大げさな表現ではありません。不可能だというならば、それはみなさんの世界での話です。

長谷章宏とともに先頭をきって動き出しますか?それとも、最後の最後までそこにとどまりますか?

長谷章宏はすべてをオープンにしてきましたが、まだ長谷章宏の身辺調査?が必要ですか? あとどのくらい必要ですか?
 

まずは、本気になったみなさんから順に長谷章宏の下に結集してください。


以上、すべてのすべてを元に戻す、二度とないプロジェクトの最終ステージの始動にあたって、長谷章宏からの「史上最大の作戦」の指令書をお届けしました。第1回の「召集令状」は後ほど。。。



『現代社会の極楽トンボくんたちへ』実地編のスタート。。。『真正 実践日本心道』リアル版の扉がいよいよ開きます。



「時至り」。。。すべてはあなたの決断にかかっています。



では、宜しく。。。

拍手[31回]

PR
【2011/02/21 09:14 】 | 長谷章宏最新レポート
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>